7月26日(日)
松本和将 公開講座 & ピアノリサイタル
ベートーヴェン ピアノソナタ全曲シリーズ Part.8


同日演奏曲についての公開講座

13:50 開場 / 14:00 開始
※開場時間が開始直前になっております、ご注意下さい。
同日演奏会チケットをお持ちの方
 一般¥2,000
 高校生以下¥1,500
公開講座のみ聴講の方¥3,000

ピアノリサイタル

15:30 開場 / 16:00 開演
¥3,500(当日¥500up)

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲シリーズ、いよいよ第8回目を迎えます。
この回を以って、2013年6月から始まったソナタ全32曲全ての演奏が終わります。
いわゆる後期三大ソナタを今回は演奏します。

第30番ホ長調
第31番変イ長調
第32番ハ短調

以上の3曲を予定しております。

※8月にヴァイオリンの上里はな子さんとのデュオコンサート、
11月に当シリーズのアンコールコンサートを予定しております。

そちらもお楽しみに!

また、前回に続き、演奏会の前に実演を交えた松本先生による公開講座もあります。
ピアノ、音楽を学習されている方も、音楽愛好者の方も、ぜひ聴講されてください。
ベートーヴェンの音楽の聴き方が変わってくると思いますよ。

そして演奏会。松本さんの音には心があります。踊るようなキラキラした音色、また威厳のある重厚な音…
色々な想像をかきたたせてくれる多彩な音楽をぜひお楽しみください。

ここライフワン221ホールがベートーヴェンで輝きます。

レセプションパーティ
今回で全曲演奏終了になります。
そこで、終演後、松本先生を交えてレセプションパーティを行う予定にしています。
下記要領となっております、お問い合わせ、参加をご希望の方は事前のご予約をお願い致します。
-----
参加費:¥1,500
立食パーティ形式
軽食・ソフトドリンク(アルコールなし)
終演後、一時間(18時〜18時半頃開始予定)
要事前予約
-----
flier

松本和将(ピアノ)
幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。また、ジュニアオーケストラでのヴァイオリン演奏やバンド活動などで音楽の世界を広げた。
1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。1999年より、国内外での活発な演奏活動を開始。2001年「ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)」第4位。2003年世界三大コンクールの一つ「エリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー)」第5位入賞。
ソロ、オーケストラ共演、室内楽、多彩な輝きを放ち続けるピアニストとして、観客はもちろん、世界中の演奏家達からも注目を集めている。これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。世界的指揮者の小林研一郎、飯森範親、広上淳一他とも共演している。室内楽では、前橋汀子(Vn.)、宮本文昭(Ob.)、趙静(Vc.)、漆原啓子(Vn.)、渡辺玲子(Vn.)、中嶋彰子(Sop.)との共演が好評を博す。2010年より上里はな子(Vn.)、向井航(Vc.)とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島を始めとする6都市で全国ツアーを行う。
ビクターエンターテインメントより9枚のCDをリリース、「後期ロマン派名曲集」はレコード芸術で特選盤に選ばれる。2009年、デビュー10周年を迎え、東京文化会館を皮切りに、3年連続のオールショパンプログラム全国ツアーを開始。ショパン生誕200年にあたる2010年には、自身初となるショパンアルバム(ライブ録音)「ショパンへのオマージュ〜誇り高き魂」をアウローラ・クラシカルからリリース。2011年に2枚目のショパンアルバム「偉大なるピアノソナタ」、2012年8月にはシリーズ最終の「苦悩から昇華へ」をリリース。
近年は、和太鼓、箏、尺八など和楽器とのコラボレーションや、ピアニスト・塩谷哲との共演など、ジャンルを超越した音楽活動にも取り組んでいる。また、東京芸術大学非常勤講師(2008〜2012)、くらしき作陽大学特任准教授として、後進の指導にもあたっている。
谷口厚子、芦田田鶴子、故中島和彦、角野裕、御木本澄子、パスカル・ドヴァイヨンに師事。岡山県芸術特別顕賞、倉敷市芸術文化栄誉章、福武文化奨励賞、マルセン文化賞、エネルギア音楽賞受賞。